入園について

★2019(H31)年度の新規申込書の配布が2018(H30)年10月15日(月)からはじまります。
受付期間は下記通りとなっております。(申込書の配布は、保育園でも行っております。)
◎詳細:2019(H31)年度 保育所等の入所について(熊本市役所ホームページ)

1.2019(H31)年度の入所申込み受付期間と申込先
〈2019(H31)年度4月1日の入所申込みについて〉
(1)一次選考入所申込
〇受付期間:2018(H30)年11月1日(木)~2018(H30)年11月30日(金)
〇利用調整(選考):市が定める選考基準に基づき、申請内容およびそれを証明する書類により点数化し、順位をつけて利用施設の調整を行います。なお、期間内の申込日や受付順は入所決定に影響ございません。
(※一次利用調整で保留となった方は、自動的に二次利用調整の対象となります。)  
〇結果通知:2019(H31)年1月下旬 通知発送予定

(2)二次選考入所申込
〇受付期間:2019(H31)年1月25日(金)~2019(H31)年2月8日(金)
〇利用調整(選考):一次利用調整を行った結果、なお定員に満たなかった場合や退所等により空きがでた場合に二次利用調整を行います。なお、期間内の申込日や受付順は入所決定に影響ございません。
〇結果通知:2019(H31)年3月初旬 通知発送予定
※一次利用調整を行った結果、なお定員に満たなかった場合や退所等により空きができた場合に、二次利用調整を行います。
(各園の状況により、一次選考で定員枠に達する場合があります。)

(3)受付場所
〇第一希望の施設、または施設を管轄する区の保健子ども課

(4)支給認定
〇4月申請の場合、認定事務が集中し審査に時間を要するため、申込期間内に提出された支給認定申請の結果は、平成31年3月末までに交付します。

(5)留意事項
・申込み前に、希望施設へ直接お問合せのうえ、お子さんと一緒に施設見学をお願いします。
・受付締切日までに書類が不足している場合は支給認定できない場合がありますので、お申込前に提出書類のご確認をお願いします。

〈2019(H31)年5月1日以降の入所申込みについて〉
(1)受付期間
入所開始希望月の前月15日までにお申込みください。(※15日が土・日・祝日の場合は、翌開所日まで)
◆ 月途中(入所日16日)の入所について
急な転入など、やむを得ず月途中入所をご希望される場合は、入所希望月の5日までにお申込みください。
(虐待やDVのおそれがある場合や災害で避難している場合等)
該当される方は、お早めに希望する施設を管轄する区の保健子ども課へお問い合わせください。

2.支給認定とは
保育所等を利用するには、子どもの年齢や世帯の状況に応じて3つの区分の「支給認定」を受ける必要があります。

3.利用できる施設・事業
支給認定の区分により以下の4種類の施設が利用できます。

4.保育の認定期間・必要量(2号・3号認定)
2、3号認定の保育所等をご利用になるためには、保護者いずれもが次のいずれかの事由に該当する必要があります。
また、「保育を必要とする事由」により認定期間及び利用可能な時間(「保育標準時間(11時間)」と「保育短時間(8時間)」)が異なります。
利用可能時間を越えた部分には別途延長保育料が必要となります。

(※1)「1就労」、「4介護・看護」、「7就学」を事由とする場合、月52時間かつ月13日以上の就労等を常態としていることが要件となります。
(※2)保育必要量は、保護者のいずれも月120時間以上の場合「保育標準時間」、保護者のいずれかが月52時間以上120時間未満の場合「保育短時間」となります。

【育児休業中の新規入所申請について】
〇育児休業中は新規入所の申込みはできません。ただし、育児休業から職場復帰する場合で、復職日が当該月の1~15日の場合は、復職月の前月から入所申込みが可能です。復職日が当該月の16日~末日の場合は、復職月から入所申込みが可能です。
〇職場復帰後は、復職日の確認ができる書類の提出が必要です。期限までに書類の提出がない場合は、利用承諾を取消すことがあります。
〇育児休業の延長のみを目的とした入所意思のない申込みはできません。申込後に判明した場合、入所保留通知書は発行いたしません。また、入所決定を辞退した場合も同様です。

5.申込みに必要な書類
申し込みに必要な書類
(1) 2019(H31)年度支給認定申請書兼保育施設等利用申込書 【2019年度 支給認定申請書兼保育施設等利用申込書 (PDF:1.48メガバイト)】
※ 印刷する場合は、両面印刷にて出力してください。(1~2ページのみ提出してください。)
(2) 保育を必要とすることを証明する書類(表1参照)(1号認定は除く)
(3) 状況により必要となる書類(表2参照)
(4) 保育料口座振替依頼書(認定こども園・小規模保育等を除く)
※保育施設または区役所で配布しています。
※締切日までに書類が不足する場合は、入所選考を行うことができない場合があります。

表1 保育を必要とすることを証明する書類(2号、3号認定)
※下の表を参考に該当する書類を必ず提出してください。
※証明書類の証明日(記入日)について
 2019(H31)年4月の一次選考に申込みする場合は、証明日が2018(H30)年10月以降のもののみ受け付けます。
 それ以外の受付期間に申込みする場合は、証明日が申込日から起算して3ヶ月以内のもののみ受け付けます。

【育児休業の取得時に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要である場合】
※出産後に証明された就労証明書の提出により、育児・介護休業法にもとづく育児休業の証明が必要です。
※在園する児童が年度当初3歳未満の場合には、保護者が希望する場合に継続利用をできることとしており、
希望の有無と育児休業取得状況を確認するため、「育児休業中の継続在園申立書」及び「就労証明書」の提出が必要です。

【様式】
就労(予定)証明書(2019年4月入所分から)(PDF:588.4キロバイト)※印刷する場合は、両面印刷で出力してください。
就労(予定)証明書(2019年4月入所分から)(エクセル:93キロバイト)※印刷する場合は、両面印刷で出力してください。
就労証明書(記入例)(PDF:355.9キロバイト)
就労証明書(よくある質問)(PDF:238.8キロバイト)
介護・看護申立書(PDF:100.1キロバイト)

表2 状況により必要となる書類

保育料口座振替依頼書
(1)保育所の場合
保育所の場合、保育料は熊本市へお支払いいただくこととなります。
納期限は毎月月末(月末が土・日・祝の場合は翌営業日)です。
保育料の納付は、口座振替になります。
申込時に口座振替依頼書を申請書類と併せて提出してください。(口座振替依頼書は、金融機関、施設及び各区保健子ども課にあります。)
提出の際に、3枚複写のうち1枚を控えとして必ず受け取り、保管してください。
※WEB口座振替サービスを利用される場合、口座振替依頼書の提出は必要ありません。
対象の金融機関など詳細については、こちら「保育料のWEB口座振替受付サービス」でをご覧ください。

6.申込みにはマイナンバーの記入・本人確認が必要です
「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」及び「子ども・子育て支援法施行規則」の規定に基づき、支給認定に係る手続きのとき、マイナンバー(個人番号)の記載が必要です。
また、申請書を提出のときは、マイナンバー記載とともに「身元確認」と「番号確認」が必要となりますので、マイナンバーが確認できる書類(通知カードやマイナンバーカード等)を必ずお持ちください。
(1)マイナンバー(個人番号)の記載が必要な方
・保護者(申請者)・・・親権を行う者、未成年後見人その他の者で、子どもを現に監護する者
・対象児童
※ 同居の祖父母については、必要に応じて提出をいただく場合があります。
(2)提出時に身元確認と番号確認の提示が必要です
個人番号を記載した各種申請書を提出するときは、身元確認(申請書を提出する保護者の確認)書類と番号確認(申請書記載の個人番号の確認)書類を必ず持参ください。
※保護者以外の代理人(祖父母含む)が申請される場合は、委任状の提出が必要です。
委任状、代理人の身元確認書類及び番号確認書類(申請書記載の個人番号の確認)を必ず持参してください。
【様式】委任状 (PDF:50.8キロバイト)

 

◎園見学や入園についてのご相談がありましたら、いつでもお気軽にご連絡を下さい。